トレッソンヌ

子供に教えられました


お問い合わせいただきましたメールから始まったコンサルティング。
無料コンサルティングから有料へ。そして、サマースクールからボーディングへと話は進みました。

お許しを得て、その一部を皆様にQ&A形式でお伝えいたします。


サマースクール


 初めまして。今年、初めてサマースクールに行かせてみたいなと思っています。

こちらのサマースクールは、子供を楽しませ、異文化、異言語に慣れさせることを目的としてます。
異文化に溶け込むと言う意味で、海外サマースクールが初めてのお子様でも十分楽しめます。

サマースクールの様子を見て、中学生から寄宿舎に長期に留学を考えています。

中学から入学する覚悟なら今から入った方が良いです。入学試験も授業も中学校では急に難しくなります。 小学校の中にはお子様の学力を見て、有名校への推薦入学をしてくれるところもあります。

サマースクールは適当に選んでおいてジュネーブに送る時に学校案内していただくか、 サマースクールからしっかり学校えらぶべきか。

ほとんどのところは、サマースクールは別の学校だとお考えください。 夏は夏だけ楽しむと考えて、大きなところ、人気のあるスクール、あるいはフレンドリーなところが良いでしょう。
お子様がストレスを覚えず、楽しめる環境を選んであげましょう。

一部、学校の延長のようなサマースクールもあります。

貴社は色んなサポートをされていらっしゃる様ですが まず流れ的にどうしたらよいのでしょうか? どのあたりの相談からサポートしていただけるのか。 どこから有料なのかなど教えて頂けますか?

弊社手数料一覧をご覧ください。 無料コンサルティングは一般的なこと(このメール内容程度です)。

これ以降のサービスは有料コンサルティングです。もちろん、この内容はお客様のご質問により一様ではありませんが、具体的に学校を推薦し、選ぶ段階までが有料コンサルティングとお考えください。


有料コンサルティング


お奨めのサマースクールありますか

ロゼ・サマーキャンプ

1. ル・ロゼ

最もお勧めのコースは、ル・ロゼのサマースクール。
いっぱい遊び、しっかりと勉強もしてきます。

ロゼにはロールキャンパスの他に冬のキャンパスでのコースがございます。こちらは本校ほどメニューは多様ではありませんし、小規模ですが、それゆえに非常に暖かで、アットホームな雰囲気が味わえます。


2.ヴィレッジキャンプ

キャンプ専業のヴィレッジキャンプ。現在6カ国でキャンプが開かれています。 多種多様なコースがありますが、お勧めは、ジュネーブとその周辺から通うデイキャンプ、そしてレザンのボーディングキャンプですね。

英語、フランス語がネイティブの子供やインターに通う子供たちなどの参加が多く、英語を学ぶには良い環境です。 我が家の愚息もヴィレッジキャンプ・デイコースに通わせ、ひと夏ごとに英語がうまくなって行きました。


3. プレ・フリューリ 

 

ボーディングスクールの生徒が多く参加するのがプレ・フリューリの早めの週。学校に行く前段階として参加されるにはとってもいい環境です。

サマースクール・マルチパックをお願いするとどんなケアをしてもらえるのですか。

マルチパックは、上記有料相談から学校選び、申込、学費払込など。 また、ジュネーブ空港での*送迎も含まれております。

*エリアによっては、追加料金が発生いたします。

他にお奨めのサービスがありますか。

最後の夜は発表会。サマースクールの間に学んだサーカスや演劇、歌などを披露します。 お子さんにとって晴れがましい場で、誰かに観てもらい、応援してもらうことがお子様の一生の思い出にもつながるでしょう。
私どもが、ご両親に代わって参加いたします。

*このサービスはオプションになります。


ボーディングスクール


ボーディングスクールはいかがでしょう。 繰り返しになりますが、11歳、小学五年生の息子を寄宿舎のサマースクールに行かせ、その様子を見て、中学生から寄宿舎に長期に留学を考えていますが。

弊社からのアドバイスとしては、ボーディングスクールに通わせるなら早い方がよいと思います。 今から学校に入れば、中学生のころには英語の問題もかなりなくなるでしょう。

ボーディングスクールもたくさんあるので、何処を選んでいいのか。

お子様の英語力と学校の方針が合わない場合、無理に進学してもお子様が苦労されます。
最初はESLで語学をしっかり磨いてくれる学校をお勧めしています。


また、期間を限定せず、英語力を育みながら、志望校に推薦してくれる学校もあります。

弊社では、この段階でスイス・ボーディングスクールの先輩をご紹介して生の声をお聴きいただいております。

どの学校がどのレベルでどこに入れるのか全く解らないのですが。

人気のボーディングスクールは入試(英語力を見ます)も厳しく、募集人員は、高学年に比べ少ないです。
学校に慣れる練習(プレスクール)を推薦し、数年後に再度受験するようにアドバイスをくれる学校もありますので、まずは見学して学校の方針、意見を聞いてみましょう。

周りのお子さんは早くから英語に慣れ、うちの子が遅れるんじゃないかと心配なんですが。

年齢にこだわってはいけません。小学校を1年多くやるくらいに考えた方がいいでしょう。

・・・スイスでは学年の壁もクラスの壁もありません。 11歳の子供も「フランス語は6歳の子と一緒に習ってるの」全く屈託がありません。

必要な学力を必要なレベルで学ぶ・・・このことをまずご理解ください。

英語の程度ですが、息子は二歳半から二年間日本人向けインターナショナルスクールに通っていました。 当時はかなり英語を話していました…が、今はもうすっかり話せなくなっています。 聴くのはなんとなく解る様ですが、映画など見て時々解る単語が出て来て字幕の私より先に笑っていたりします。 しかし、実はよく解っていないらしくなんとなく、なレベルです。

では、語学教育のしっかりした学校が良いですね。 これまでの経験ですと、みなさん2-3年でパーフェクトな英語とフランス語を話すようになってますので、ご安心ください。

学費以外どのくらいの経費が必要ですか。

毎回お迎えに来ておられるご家庭は、その費用だけで年間数100万円になります。 また、日本から付き添って送迎するサービスも一回当たり100万円以上とか。

私どもは、年間40万円~。費用だけでなくご家族のお時間も節約できます。

どのようなサービスがありますか。

サービス内容はこちらからご覧ください。一覧
マルチパックはこれまでの経験で、皆様に喜んでいただけるサービスを1年分パックにしました。

マルチパックはお手軽そうですが、今から1年間必要なのかどうかわからなくて。それ以外で、御社のサービスを色々試してみたいのですが。

もちろん大歓迎です。
個別は割高だなあ、と感じたらデミ・パックをお試しください。ご希望のサービスをいくつかパックにして1学期間ご提供します。

学習の進捗度、語学のレベルなど学校の担任、寮長などと細かく打ち合わせをしたいのですが、言葉ができないので。

私どもが懇談日時を事前にアレンジします。また、ベテランの現役教師が同席して通訳させていただき。学期末、担任や校長と忌憚なく話し合っていただきます。 また、学期途中でも学校と面談して、習熟度や問題点を話し合い、学期末にそれらを基に来季の方針をお決めいただきます。

懇談をアレンジしていただいても、私たちが行けない場合はどうなりますか?

私どもとメール、電話などで打ち合わせ、質問事項を作成して、私どもが代わって懇談してまいります。

助けて頂けますでしょうか? 無知で申し訳ありませんがよろしくお願いします

こちらこそよろしくお願いいたします。



番外


お母様から以下のような留学目的をお話しいただきました。

留学の目的

 まず、日本の教育が息子に向いていないのではないかと思ったからです
窓際のトットちゃんをご存知でしょうか?息子はまるでトットちゃんです。色んな事に興味があります。

 一年生の時は授業中散歩に出かけ、空が綺麗だ、雲が流れて行く。 今しか見れない、と言ってよく怒られました(笑)

 あ、今はちゃんと授業中は座ってます!

興味のある物には驚くべき集中力を発揮します。

 ヴァイオリン、陶芸、プラモデル、木工・・・あ、漫画(うちは基本ゲームはしません)
その興味あるものは日本教育から見ると全く無意味で評価されず、落ちこぼれ扱いになります。

 毎日の算数ドリルや漢字ドリルの宿題は彼にはただ書き写すだけで大嫌いな様です。
ただ、何故必要か、や目的を持たせると必死になります。
漢字も一頁覚えなさい、というのはダメで、この漢字は他にどんな言葉が作れるか、は好き。

 歴史ならただ年号と内容を覚えるより、歴史上の人物がどんな人だったかに興味がある・・・日本の教育では役にたたない知識が大好きなんです。

 このまま日本の中学に入学し、ただ毎日高校受験の為に詰め込み学習をし、偏差値で評価し、受かる高校を選び、その偏差値で大学を決め、 学習した分野でないとしても受かった会社に就職する…で彼は満足するか?

 彼には放課後、色んな体験をし、自分が追求したいものを見つけて欲しいんです。
スポーツでも実験でも料理でも何でもいいのです。

 人との繋がりと色んな経験と失敗、挫折感、達成感を味わい、語学、責任感、自信、独立心をしっかり身につけて欲しい。

日本ではまず無理です。

心配性の私も彼の邪魔をしてしまいます。

今でもこの子には素敵な可能性が沢山秘められている、とか思いながら中学受験をする子達と比較してしまいそうになります(笑)

 将来名門大学に進学して欲しいとは全く思っていません。
高卒でもいいですし、自分自身が成長したなら学歴は必要ないとも思っています。
ただちょっとミーハーなのでロゼとか憧れはあります(笑)

 四歳からヴァイオリンを毎日弾いていますが音大に行ってもらいたいとも思っていません…そんなに上手くもないですが(笑)
 自分がやりたいと言ってやり始めた事だから続けた方がいいと思うのと、音楽は世界共通だから人が集まった際に、ちょっと弾ける程度は身につけて欲しい、彼の自信になるものなのでこれだけはどんな形でも続けて欲しい。

 後は本人次第、くらいに思っています。
息子はシャイですがとても人懐こいところがあり沢山の人に愛してもらっています

 彼のいいところを引き出して貰える様な学校に巡りあえるといいな…
ご説明いただいたプレフレーリが向いている様な気がしています


後日談

 今日、今の学校の校長と話す機会があり、六月からサマースクール、続いて九月から留学になれば、日本の卒業式は出れないと言われました

 卒業式くらい出させてやりたかったな・・・とも思いましたが
本人は、

「別にいいよ、○○小学校卒業しました、って言うこと、大切なの?」


と反対に聞かれてしまいました

 彼に取って、大切なのは何処を卒業したかでなく、これから何を経験出来るんだろう、ということの方が重要なんだ!
私もそう望んだからこそ留学を勧めたのに(笑)

 最近、少しずつ自分の考えをハッキリ伝えることが出来る様になった気がします
息子の成長、見習わなくては(笑)



 でもホント、息子の言葉には助けられました

 何をこだわっていたのか…
主人に今ちょうどこの話をした所なんですが、主人も納得した様です(笑)

そう言われれば、ちっぽけな事だな、と(笑)