HOME > キッズ留学 >体験談

この体験談は、懇意にしていただいているMファミリーから写真も一緒に投稿いただきました。

Mファミリーには当社のお泊り会や留学希望の方へ直接アドバイスいただいたり、本当にお世話になっています。皆様にもぜひこのファミリーをご紹介させていただく機会が得られましたら幸いに存じます。

アトピーもぜんそくも治って、元気いっぱい!


虚弱体質が完治!




我が家のスイス留学は今年で5年目を迎えます。比較的珍しい経験だと思いますので後に続く人の参考になるように色々な事を書き記してゆこうと思います。

我が家の子供達は男の子と女の子の2人兄弟なのですが、2人とも生まれながらに体が弱くお医者さんにお世話になりっぱなしでした。

兄の方は虚弱体質で何度も救急車で運ばれ、入退院をしていました。妹はアトピーと喘息があり、家族全員で食べるものやシャンプー・石鹸などを厳選して気をつけて生活をしていました。

その甲斐もあり、傍目にはアトピーだとは分からないぐらい奇麗な肌を保てる程、アレルゲンを排除できて管理出来ていたと思います。

 しかし何か問題が起こると直ぐに肌がカサカサになって目の周りが赤く腫れてパンダのような顔になってしまうので根本的には治っていない事も分かっていましたし、動物園にもあまり行けない状態でした。
 とにかく小児科には良く通いました。兄が風邪を引き、治る頃に妹が風邪を引き、また妹の風邪が治る頃に兄が別の風邪を引き、、、。小児科にかかっていない月など無かったように思います。

 仕事の関係の人からスイスの留学に関する話を聞き、本を何冊か読みました。環境の良さや教育水準の高さ、世界中に友達が出来る事、マルチリンガル・マルチカルチャーの環境など色々な事が書かれていました。

 冒頭の書き出しから察して頂けると思いますが、私たちの関心毎は環境の良さと健康についてでした。結論から書くと、現在妹のアトピーは根治しています。医療機関で検査してもアレルギーの数値は全く出てきません。

特に何の治療もせずにスイスの環境に身を置いているだけで4年半ぐらいで完全に治ってしまいました。

それほど良い環境なのだと思います。
書籍を読んだ当時はまだここまでの成果がでるとは思っていませんでしたが、まずは旅行がてら学校見学に行ってみようという所から1校を見学しに家族で足を運びました。2008年9月の事でした。


Le RoseyからPreFleuri


 スイスの夏はとても素敵です。日本よりも空が青く空気が澄んでカラッと晴れる日が多くとても気持ちが良く過ごしやすいです。
カフェでは多くの人がオープンテラスに座り、本を読んだりワインを嗜んだり質の良い時間を過ごしています。公園では日光浴をしている人が沢山芝生の上で過ごしています。エアコンの効いた室内ではなくみんな外で気持ちよく過ごしているという印象でした。

最初に滞在した町はジュネーブだったのですが、レマン湖のほとりのホテルに滞在しました。

 レマン湖の水はとても澄んでいて深い青い色をしていて、白鳥や鴨などの沢山の野生の水鳥が泳いでいました。とても自然が多く良い環境だと感じたのを覚えています。

 肝心の学校見学ですが、LeRoseyにアポを取っていました。学校を一通り見て回ったのですが、調査不足で入学にはまだ年齢が足りないという事でした。

 当時、兄が6歳で妹が4歳でした。LeRoseyは8歳からなので急遽もう1つ別の学校を見学しようという事になり、LeRoseyの先生からの提案でPreFleuriを見学する事になりました。
子供の将来を左右する学校/教育の事なのにと驚かれるかもしれませんが、あまり綿密に調べて行っていた訳ではなかったのです。健康になるかもしれないので向こうの学校を見に行ってみようといった感覚でした。

 閑話休題、LeRoseyの見学は驚きでした。当時はジュニアの校舎が校門に近い方にあったのですが、ジュニアのクラスが外で授業を行っていました。

 日本の学校では教室に碁盤の目のように並んで真面目に静かに授業を受けるという印象ですが、このクラスの授業は何とも自由な空気が印象的でした。

 美術室では見学に来た私たちに自分の作品を自慢して来る子供がいたり、カフェテラスで休憩している時には自分達が栽培したフルーツを食べるかいと勧められたりと子供達が人懐っこいのです。

 見知らぬ私たちに初対面の子供達がフレンドリーに関わって来ようとするのは不思議な感じでした。恐らく日本の学校を見学しても同じような事は起こらないのではないでしょうか? 子供達が大人びていなくて子供らしく育っているという印象でした。 翌日、PreFleuriへ足を運びました。

 初めて行った時はあまりの田舎で驚きました。

「こんな所に子供を預けて大丈夫なんだろうか? 近くに病院なんてないんじゃないか? 」

と思うぐらい山の中です。前述の通り病院の超常連客の子供達が生きて行くにはハード過ぎるんじゃないかと不安になるぐらいの山です。

 空気が澄んでいて紫外線が強いせいなのだと思うのですが、初めてスイスに行った頃は何故かとても疲れやすかったのを覚えています。(最初は軽い高山病かと思っていましたが、、、。)

 その疲れも相俟って最初はこの学校に不安を覚えました。しかしここでも在学中の子供達がとても人懐っこく、到着と同時に色々お世話を焼いてくれます。この学校は3歳~13歳までの子供で構成されているので、とても小さな子供達が多い印象です。

 「誰に会いに来たの? シルヴィ校長先生ならこっちの部屋だよ。」って4、5歳の女の子が案内してくれました。LeRoseyでも感じた子供達の人懐っこさがこの学校にもありました。私たちはこの2校としか関わりが無いのではっきりとは言えませんが、
スイスで教育を受けている子供達は精神的に安定していて、子供らしく人懐っこい印象があります。


ハイジの世界に学ぶ


 学校見学中は子供達も一緒に見て回っていたのですが、校長先生の話になると退屈なので外の遊具で子供達は遊ぶ事になりました。その間にどうやら友達が出来たようで楽しく過ごしていたようです。

 一通り説明を聞いて帰ろうかという頃に子供達が帰りたく無いと言い出しました。流石にその要求は無理だと伝えたのですが、帰る時までに私たち両親ともこの学校やシルヴィ校長先生にとても良い印象を持っていたので、最短で入学するのであればいつから入学出来ますかと聞いていました。

 年度の途中からではあるが、2学期(1月)からの入学なら可能だという事だったので具体的に進めてゆこうとそこで決まりました。

 PreFleuriはAigleという駅で電車を降りて、タクシーで30分ぐらい山を登った所にあります。そのタクシーの乗車中にはパラグライダーで飛んでいる人がいたり、ブドウの木が沿道にあったり、小さな可愛らしい建物がある村を抜けたりします。

 学校の近くになってくると、牛や馬が放牧されていたりします。それはもう「アルプスの少女ハイジ」に出て来る光景です。それほど自然な環境で、大阪で生まれ育った私にとっては不安を感じる程の田舎レベルでした。

 そんな学校に2009年1月から2人とも留学しました。その当時兄は6歳、妹は4歳でした。

 日本でインタナショナルプリスクールに通っていたので多少の英会話は出来る状態でした。しかしここはフランス語圏です。夏から最低限のフランス語を家庭教師を付けてトレーニングしましたが、どこまで役に立ったのかは分かりません。
たいした語学力も無くPreFleuriに入学しましたが、約2年程でフランス語はネイティブの人が聞いても自然な発音で流暢に話せるようになっていました。

 特に妹の方は幼い分だけ語学習得力が鋭く、PreFleuriに学校見学に来る日本人の人達に「この子はこんなにフランス語が流暢に話せる。」とシルヴィ校長先生が自慢する程までに流暢にフランスを話せるようになっていました。

 兄の方ももちろん流暢にフランス語を話すのですが、やはり低年齢から留学した方が語学は習得が早いようです。
他にも3歳ぐらいからPreFleuriに来ている日本人の男の子が居ますが、彼は現地の子供としか思えないぐらいフランス語がペラペラです。

 授業がフランス語と英語の2カ国語で行われる事と、世界中から子供達が集まっているインタナショナルスクールである事もあり、英語も同時にとても流暢になってゆきました。

 日本のインタナショナルスクールで話していた時の英語よりもより丁寧な言い回しで英語を話す様になったと思います。語学については留学させるまであまり気付かなかった事ですが、人によっては発音の質をとても重要視されます。

 歴史的な経緯もあるのでしょうが、フランスのトゥールーズ出身の家庭教師の先生は、アフリカ大陸で話されるフランス語のイントネーションは良く無いと言っていました。使用人として使われている人達が話す言葉だという印象を持つようです。私の友達のイギリス人はアメリカ系の英語を話す人の事をあまり良く思わないようです。フェイクイングリッシュ(偽物の英語)だと言っていました。皆自国のプライドや歴史的な経緯があって様々な感情があるのだと思います。

 何はともあれ、PreFleuriで子供達が習得した英語・フランス語の発音、イントネーションはとても奇麗なもののようです。ネイティブの方からはとても奇麗な発音やイントネーションだと言われます。
 一番怪しいのは日本語です。スイスへ留学に来ている日本人から日本語を吸収して帰って来るので、私の大阪弁や友達の方言や標準語などが混ざったハイブリッドジャパニーズを話します。主に3カ国語を扱うので普通に母国語だけで過ごす子供と比べると3倍の語学学習が必要なので私たちは大目に見るようにしています。実際はルームメイトになった友達からロシア語や韓国語を吸収してきたりと3カ国語+アルファがあるようです。妹の方は一時期はほんの少しロシア語で言っている事が分かる様な事を言っていました。


ストレスなく学べる


 学校生活について少し書いてゆきたいと思います。PreFleuriもLeRoseyも2学期はスキーパラダイスです。ほぼ毎日授業が終わるとスキーです。

 LeRoseyに至っては2学期の間はスキーの為に冬の校舎へお引っ越しです。

子供達も自然と巧くなるのでしょうが、2学期はとても楽しいようです。どちらの学校もスノーボードは大きな子しかさせてもらえないようなので兄の方は少し不満があるようですが、スキーも楽しいようでメダルを毎年取って来ては自慢してくれます。

 余談ですが、スキーウェア等の用品はスイスで調達した方が断然安いのでお勧めです。

 学校が山奥にあって病院についての不安があると前述しましたが、シルヴィ校長先生のご主人がドクターで、クリニックラプレリーという世界でも有名な医療機関のドクターをされています。
実際にはたいした病気をする事もなくあまり医療の必要性は無かったのですが、ご主人がドクターであるという事はかなりの安心材料でした。

 ある時学校に向かうタクシーの窓をあけていたら、家畜の糞の臭いがしてきました。すると兄の方が「これは牛のうんこ。」しばらくすると別の臭いがして、「これは馬のうんこ。」と実況してくれました。周りに当たり前のように牛や馬がいてるので臭いだけで分かるようです。スイス留学をすると家畜の糞のソムリエにもなれるようです。

 子供達は世界中あらゆる所から来るので色々と面白い話を子供から聞ける様になります。ビックリするようなお金持ちのご家庭の子供も来ているようです。

 ロシア人の○○はお城みたいな家に住んでて、車がないと家の敷地内の移動に困るぐらい大きい家とか、カザフスタン人の○○はプライベートジェットで学校に来るし、誕生日には学校の近くのホテルにハリウッドからスターを呼んでパーティしてたとか桁違いは友達もいるようです。

実際にその子供達に会っても普通の人懐っこい子供なので全く凄そうには見せません。もちろん一般的なご家庭のお子さんもいらっしゃってます。お父さんはギターの教室をしていて、お母さんは警備会社だというご家族もいらっしゃいますし、サラリーマンのご家族もいらっしゃいます。

スイスの寄宿舎学校だからと言って凄いイメージが先行しているようですが、学校や紹介している雑誌などによるブランディングによるものが大きいような気がします。

 概して生活水準が高いご家庭が多いのは事実ですが、玉石混交であるのが実情です。

 Skypeというインターネットを使った無料テレビ電話があるのですが、殆どの子供達はSkypeで親と連絡を取っています。もちろん子供達もお互いSkypeでアドレス交換をしていて、お互い連絡を取り合っています。お休みの時に帰国していると色んな時間帯に色んな国の友達からSkypeで電話をしています。

 スイスに留学しているのにスイス人の友達は少なく、世界中に友達ができて広がっています。

 子供達の間では日本の味付け海苔と生八つ橋が持って行くオヤツとして重宝しているようです。友達と分けて食べているんだと思うのですが、分けやすいのとウケが良いようです。逆に色んな国のオヤツを食べてたり、色んな国のお土産をもらって帰って来るようになって楽しいです。

 私は子供の頃自分の持ち物に名前を書かれるのが好きでは有りませんでした。何となく格好悪いような気がして嫌な気分でした。しかし我が家の子供達は進んで自分の物に名前を書きます。

 寄宿舎生活で物がまぎれて無くなったりなどはどうしても起こるようで、自分の物を管理する能力がとても凄くなりました。学校にいる間でも日本の家で自分の物がどこにあるか把握しているぐらい管理能力が高くなりました。

 親がどこにしまったか探さないといけないなと思っているようなものでも、「マフラーは観音開きのクローゼットにあるから送って。」と2人ともキチンと管理していました。

 両校とも年齢、学年関係無く子供達が交流するので様々な年代の友達が出来ました。現在9歳の妹は17歳のお姉さんと遊んでいたりすることも有ります。LeRoseyは人数も多く大きな学校ですが、PreFleuriは少人数で全員が家族や親戚のような雰囲気での親密な感じの学校でした。

 PreFleuriで約2年過ごし、フランス語と英語はかなり堪能になりました。2年が経った際に兄の方が8歳になり、LeRoseyに入学しました。

 PreFleuriはロケーション的に近い事もあるのでしょうが、名門校とされているAiglonCollegeへの進学実績も多い学校のようです。とは言え、のびのびとした教育スタイルでハードな受験勉強を強いるようなタイプの学校では無かったです。むしろ、勉強嫌いのうちの子供達が自然にのほほんとストレスなく通える雰囲気の学校でした。


言葉も体もパーフェクト!


 LeRoseyに兄が通い、PreFleuriに妹が通うというバラバラな1年がありましたが翌年には年齢が1歳足りないにも関わらずLeRoseyに妹の方も入学出来る事になり2名ともLeRoseyのジュニアに通う事になりました。

 LeRoseyに兄が通い始めてから現在3年目に入った所ですが、この学校は常に目まぐるしく変化している印象があります。

たまたまそういった改修時期なのかもしれませんが、ジュニアの校舎が新校舎になったり、全ての校門が認証バンド式のオートロックになったり、新しいホールが建設中だったりと何かが常に変わっている印象があります。

インターネットのサイトでも両親専用のログインページが新設されて、時間割表や成績表など色々な情報が閲覧出来る様になりました。老舗の古くさい学校というよりは先進的なものも積極的に取り込んで変わり続けている学校という印象です。

 スイス留学を始めてから約4年が経過した夏休みに妹のアレルギー検査を病院で行いました。妹の方はPreFleuriに約3年とLeRoseyに丸1年過ごした後の夏休みです。

 血液検査の結果、これまでアレルギー反応が出ていたものが全て反応無しになっていました。

 犬も猫も馬も牛も全てNGだったのでPreFleuriでもLeRoseyでもメディカルフォームに細かくその旨を書き、先生にも動物には近づけないように伝え、本人にも徹底してアレルゲンに触れない・近づかないように教えていました。

 ステロイドを使うと、ムーンフェイスという症状が出たり、骨にも影響が出たり、副腎が機能低下を起こすので全く使わない方針で過ごしてきました。その為、アレルゲンになるものから徹底的に遠ざける必要があったのです。

 ステロイドを使っていないので万一アレルゲンとの接触があってアレルギー反応が出た時はかなり酷い症状がおこりましたし、直ぐに症状を抑える方法が無かったのでアレルギーによる炎症反応で深刻な高熱を出す事もありました。
 それでもステロイドを使わず、自然な方法での治癒を望んで環境の良いスイスへの留学を選びました。実際には牛や馬が沢山いる事もあって不安になる事もありましたが、先生にも説明しサポートしてもらいました。その甲斐もあってか根本的に治って今は犬や猫を抱きしめる事も出来る様になりました。

 よくアトピーは根治出来ないと言いますが、皮膚科でステロイドを処方してもらい、アレルギー症状を押さえ込むだけの対症療法を続けても絶対に治らないです。根本的な原因は内蔵にあるので食や生活環境を改善して中から変わってゆく必要がありました。

彼女の根治から我が家では小さなプードルを飼う様になりました。 元々は兄が欲しがった犬なのですが、これまで動物に触れる事ができなかった反動で妹の方がずっと抱っこしたり連れ回したりと長い時間を過ごしています。まだ幼い間に治って本当に良かったと思っています。

 アトピーの事だけでなく、 スイスに留学してから暫くすると、小さな皮膚病やたまに引く風邪を除いて殆ど病院にかかる事が無くなりました。留学当初は気温の変化が急激だからだと思うのですが、兄の方は学校に着いたらいつも鼻をたらして風邪を引いていたのですが、最近は丈夫になって風邪もあまり引かない様になりました。

 LeRoseyに通い始めてから真島さんと出逢いました。真島さんは別のご家族のお世話をされていらっしゃったので学校で出会い、電車で遭遇し、空港でも鉢合わせたりと示し合わせたわけでも無いのに思わぬタイミングで何度も会うので不思議な縁があるものだなと思いました。スイスでの不動産業や留学生のサポートを行っているとお伺いし、少しずつ交流をさせて頂く様になりました。今では甘えてしまって色々な我が儘を聞いてもらうようにまでなってしまいました。

 LeRoseyでは両親の許可があれば週末は寮を出て、両親と宿泊したりする事が可能です。

 私たちはスイスに住んでいる訳ではないので実際には殆ど活用する事はないのですが、週末外泊許可を学校側に出して真島さんにお願いして週末の時間を充実したものにして頂いています。何と言っても学校の食事は飽きるようで、真島さんの所に行くと和食が食べられるというのを心のオアシスにしているようです。

 私たちが学期末に子供達を迎えに行った際に妹のデスクに真島さんが届けてくれたお弁当が入っていたタッパーがありました。お迎えに来て頂く際にオニギリを持参して来て頂いたりと細やかな心遣いも頂いているようで子供達はとても喜んでいます。

 バースデーパーティをお寿司屋さんでアレンジして頂いたり週末にピアノのプライベートレッスンを手配して頂いたりなど細かいサポートが可能なので色々と助かっております。

 ピアノの先生はジュネーブ在住の日本人の先生で、ジュネーブにある日本語学校の講師もされておられ、子供達の怪しい日本語も追々サポートして頂こうと考えております。

 学校での不満を聞いてメンタルケアをして頂いたり、学校側が報告して来ないような事も色々と子供達から聞き出して両親に報告して頂くのも心強いです。 私たちは比較的放任主義な両親なのですが、それでも子供達と離れて過ごすのに未だに不安が全くない訳ではありません。

 真島夫妻は実際に息子さんをスイスの教育で育てている経験があり、とても頼もしい存在です。

 現実的な問題として、学費の支払いには送金や為替などがつきものです。真島ご主人はプライベートバンカーとしての長年のご経験があり、金融についての知識が豊富で色々とご指導頂いています。

 現在ヨーロッパの経済が不安定なのでユーロにつられてスイスフランも乱高下する事があります。起こっている現象が分からなかったりすると不安になります。「今両替しておかないとどんどん高くなるかも、、、。」などと慌てて両替すると大抵損します。そんな際に色々と相談させて頂いて冷静さを取り戻したり、プライベートバンクの裏話など普通では聞けないお話を惜しげも無くして頂けるので勉強になります。


 長々とまとまりの無い文章になってしまいました。誌面で紹介されていたり、ガイドブックで紹介されているような飾り立てられた無機質な文章ではなく、実際にスイスの留学を経験している家族の視点から伝えられる事を綴りました。後に続く人達に少しでも参考にして頂ければ幸いです。