HOME > リロケーション

WHAT'S NEW


2017年3月26日更新。

  1. ドイツ語圏&フランス語圏のパートナー
    ローザンヌを中心にしたヴォー州、またベルン近郊のドイツ語圏などの物件探しのパートナーが増えました。お気軽にお問い合わせください。

リロケーションサービス


リロケーションとは、英語の移転、転勤を意味し、新赴任地での家探しがそのサービスの意味するところですが、日本ではそれに伴う残された家屋の賃貸のマネージメントサービスを意味するようで、多少ニュアンスに違いがあります。


スイスの賃貸物件状況

物件が足らず、どこも貸し手市場。インターネット広告で1、2を争う大手ImmostreetとHomegate。しかし、賃貸物件はともに15-6千件。この数字はジュネーブやチューリッヒではなくスイス全体の数字なのです。その大半が重複していると考えられますので、実際には2万件前後でしょう。

クリックすると今週の賃貸物件数が見られます。

特にチューリッヒ、ジュネーブの状況は最悪で、空き部屋率0.1~2%。ジュネーブの人口は約45万人。5年後には50万人を超えるだろうといわれています。しかし、年間の新築件数はここ10年ほど年2千件余り。増加人数の半分も確保できていません。

当社のアドバンテージ

イメージ一般にアパートを借りる場合、滞在許可証を保有している、あるいは保有することが確実であることが求められます。また、収入面では世帯の場合、その収入が家賃の最低3倍。また学生の場合は、預金や親の保証、あるいはスイス在住の保証人など求められます。

私どもは特定のオーナー、不動産会社、あるいは自社管理物件からお貸しすることができます。
すなわち、

  1. 書類だけでなく人物を含めて、日本人の目で確認して推薦いたします。
  2. 当社契約物件との併用で、家探し中や滞在許可証が下りるまでの短期間から長期まで余裕をもって探していただけます。現在17軒のこれら物件に関しては当社の判断でお貸しできます。
  3. マンションオーナーとの強い結びつき。マンション300室お持ちのオーナーと直接交渉しています。
  4. USミッションやセルン、国際機関向け紹介センターなど所属50社以上のネットワークから物件の紹介があります。

私どもの紹介であればお客様が日本に居ながらに貸してくれる不動産業者がいくつかあり、これまでも日本に居ながらに契約を取ったケースも多くあります。ジュネーブのアパートは比較的古い物件が多く、近代的アパートを探すのは非常に困難です。要はどこで妥協するかにより見つけるまでの時間が短くなります。


家具付きアパート


家具購入の補助はないけど、家具付きアパートなら補助が出る。でも、家具付きアパートが少ない・・・こんな悩みを解決!

トレッソンヌの家具付きアパート貸し出し。
家具なしアパートを家具付きアパートに大変身!

是非お問い合わせください

例えば、こんなリビング、ダイニングに!

 

 


2LDKで2年契約、月300フラン~。3LDK、2年契約で月400フラン~。
金額は、契約年数、広さにより変わってきます。
お問い合わせいただければいつでもお見積もりいたします。


今だけのサービス!
学生向け家具貸し出し。以下のセットを1年間借りて月100フラン~。
その他要望に応じてお見積いたします。   
   写真をクリックしてお問い合わせください。



ジュネーブで借りる

学生向け寮、アパート

2000年に始まったジュネーブ大学を柱とした教育機関の統合は開かれた門戸とともに成功を収めつつあります。今や留学生は学生総数の40%、6000人にもなろうとしています。しかし、それに比例して学生の住宅難は社会人以上。寮やアパートは万年不足状態。家賃も最低450フランからの大学寮は別にして、1000フラン以下でみつけるのは至難となっています。

間借り 800~1000フラン

800フラン~1000フランでも空きが少ない状況です。また、間借りだと大家ファミリーとフランス語を話せ、言葉の上達に役立つと思われがちですが、部屋を貸すという行為とファミリーの一員として受け入れることをはっきり区別している大家も多く、部屋を貸すだけで、台所、居間などファミリーの生活に入ることを禁じているケースもあります。

アパート 1000~1500フラン

最近、家賃が値上がりしています。昨年、一昨年1200フランまでであった物件が今では1300~1500フラン。5月6月になれば卒業した後の募集が増えますが、それも夏休みまでにはほぼ一巡。家具付きのアパートは1500フラン~2000フラン。いずれにしても数は少ないです。

ファミリー向け

スイスの間取りは、日本とはかなり違います。部屋と隔たれた台所を一部屋として考えます。2ピエス(2pieces)は、台所と部屋で、ほぼステューディオとお考えいただいていいでしょう。
またファミリーの共有空間を大切にするのかリビングは広いのに寝室が小さく少ない、というケースが良くあります。弊社のケースでも、広さ180平米、リビングは50平米、部屋は3部屋で、夫婦の寝室が20平米、他の二部屋は12平米ほど。玄関ホールが一部屋分と同じくらい、というケースもあります。また、家賃、内装ともに満足したから借りた。しかし、周りの環境だけでなく住人に問題が多い、という問題を抱えて改めて探されるケースもあります。安すぎる物件も要注意です。

1LDK (3pieces)

リビング、寝室、台所(ダイニングスペース)。ジュネーブの賃貸で最も多いタイプです。広さは40平米~100平米。家具なしで1500フランから5000フラン、家具付きで2000フランから8000フラン。その他、チャージ(管理費)が150フラン~300フラン見ておいたほうがよいでしょう。弊社の物件では2500フラン前後。

2LDK、3LDK(4pieces~5pieces)

3.5ピエスから5ピエスの物件。2500フラン~10000フラン。家具付きで3000フラン~15000フラン。弊社物件2550フラン~3000フラン。チャージ200フラン~600フラン。

リロケーション手数料

リロケーション会社による家さがしは、依頼時に4000フラン、成功報酬として一か月分の家賃や、最低4000フラン、成功報酬一か月など。

スイスは人が動くサービス料が非常に高い。例えば、サンドウィッチは50円ほどのバゲットにハムとレタスを挟んで600円ほどに。

当社の手数料はお申し込み時500フラン、契約終了時に一か月分の家賃(最低2000フラン)から最初の500フランを差し引いた金額をいただきます。
リロケーション、賃貸、新生活のサポートはそれぞれ重なり合った部分があり、ご希望のサービスをお問い合わせいただきますと、私どもから見積もりをお送りさせていただきます。


不動産賃貸ルールが一部改訂になりました。それに従い、弊社手数料も改定いたしました。


リロケーション手数料改定

不動産申し込みのルールが改定されました。

  1. 無破産証明書が、これまでコピーでよかったのが、オリジナル送付とするところが増えました。証明書取得に日本円で2500円ほどかかります。申し込めば申し込むほど費用がかさむようになりました。
  2. 申し込みを複数出して、複数より貸し出し承認されるとペナルティがかかるようになりました。
誠に勝手ながら申し込みにかかる実費は後日清算させていただきます。尚、自社管理物件の場合、事務費用500フラン。

ヴォー州の学生用アパート探しに付いて
学生がアパートを借りる際に、保証人が必要です。
保証人、住居希望両者の署名がないと貸してくれません。保証の際にはご家族の保証依頼に署名をいただいてからアパート探しを始めますことご理解ください。
弊社保証手数料を月100フラン頂戴します。
尚、又貸し物件は、不動産屋、オーナーの承諾が書面にて取れる物件のみ対象とします。友だち同士の貸し借りは火災、その他の災害時に保険が下りないことがありますので、ご理解ください。

ご参照ください。

当社ネットワークで他社にない物件発見
日本に居ながらアパート確保
グローバル環境の中で学ぶ
日本にいるときから準備.緊急時にも安心
クミちゃんノブログ
ジュネーブの生活情報紹介